中耳真珠腫(真珠腫性中耳炎)の原因・症状・手術

中耳真珠腫(しんじゅしゅ)の原因、症状、治療方法をご説明します。

中耳真珠腫とは

中耳真珠腫とは鼓膜の一部が中耳側に陥没して作られた凹みに耳垢がたまって、真珠腫と呼ばれる塊と化すことがあります。中耳真珠腫は、この真珠腫が徐々に大きさを増していき、それに伴い中耳内や中耳の周囲にある骨を破壊していく病気です。慢性中耳炎の一種ですが、その中でも特に重症度が高いものとされています。
中耳は内部に音の伝達を司る耳小骨(じしょうこつ)などを擁し、まわりを囲む薄い骨に隔てられる形で内耳や脳のある頭蓋内と隣接しています。真珠腫がこうした骨を破壊していくことで、耳の痛みや耳漏、難聴が生じます。
また、放置してさらに骨の破壊が進んだ場合、外側半規管に瘻孔を生じ、めまいをおこなしたり、顔面神経を傷つけて顔面神経麻痺を惹起したり、稀に頭蓋内にまで影響を与えて髄膜炎や膿瘍などの深刻な病気を合併することもあるので、できるだけ早く手術を受ける必要があります。

中耳真珠腫の原因

中耳真珠腫の原因中耳真珠腫の原因は、中耳換気機能不全です。耳管を通じ、鼓室狭部と前鼓室上部に通る道にて、乳突腔の換気をしている中耳に何らかの(炎症や形態不全)原因で換気能が低下すると真珠腫が発生します。

中耳真珠腫の症状

真珠腫が中耳内で音の伝達を司る耳小骨を破壊することで難聴が生じたり、内耳内で平衡感覚を司る三半規管周辺の骨を破壊することでめまいが生じたりすることもあります。
さらに破壊の進行を許すと、中耳の内壁を走る顔面神経を傷つけることで顔面神経麻痺を合併したり、稀に頭蓋内にまで影響を与えて髄膜炎や脳膿瘍といった生命に危険がおよぶほどの深刻な病気を合併することもあります。
中耳真珠腫の治療においてはこうした事態に至る前の早い段階で手術を受けることが重要なのですが、真珠腫がまだ小さい初期の段階では自覚症状が現れないことが多いので、常日頃からちょっとした耳の違和感に対しては注意を向ける必要があります。

中耳真珠腫の治療方法

中耳真珠腫を完治させるためには、原則として手術が必要になります。
手術は、中耳内の鼓室から処置を施す鼓室形成術と、同じく中耳内の乳突洞(にゅうとつどう)から処置を施す乳突削開(さくかい)術を併用して行われます。

中耳真珠腫の手術(日帰り手術で可能)

中耳真珠腫の手術(1泊2日入院手術)当院では、外耳道を温存したまま行う外耳道後壁保存型鼓室形成術にて施行しております。大きく分けられます。それぞれにメリットが存在しますが、当院では比較的早い回復や違和感のない聞こえの再現などを通じて手術後のQOL(生活の質)が確保されやすいメリットから、外耳道後壁保存型を採用しております。一方、この方法は外耳道を削らず狭い視野の中で行われるため、真珠腫の取り残しがないよう高度な技術が必要とされるなどのデメリットを有しますが、当院では内視鏡を用いるなどして取り残しや再発の防止策を徹底するとともに、豊富な経験にもとづく確かな技術をもって手術に臨むことで、一切の不安なく手術を受けていただける環境作りに勤しんでおります。
手術は病状によって局所または全身麻酔下で行われ、まずは耳後部を数cm程度切開した後に経外耳道に鼓室を開放し、上鼓室側壁削る。次に乳突削開を行い、外耳道側と乳突腔側の両側から真珠腫を摘出する。その際に、破壊された耳小骨連鎖を再建し、次に鼓膜を作り、手術を終了する。
当院では1~2時間程度を要するこの手術を、日帰り手術で行っております。

中耳真珠腫の手術費用

下記手術療法には保険診療が適用されます。

鼓室形成術(片耳) 約128,000円
鼓室形成術・乳突削開術(片耳) 約158,000円
TEL:0985-31-1133
一番上に戻る
  • 口コミを見る
  • 口コミを書く