慢性中耳炎の原因と症状

慢性中耳炎(慢性単純性中耳炎、癒着性中耳炎)の原因と症状をご説明します。

慢性中耳炎とは

慢性中耳炎慢性中耳炎とは、急性中耳炎が再発を繰り返すなどして中耳内の炎症が慢性化し、それに伴い鼓膜にまで何らかの障害がおよんだ状態を特徴とする病気です。主に大人に発症し、難聴や耳漏(耳だれ)が生じます。
鼓膜に穴が開いて塞がらなくなる慢性単純性中耳炎や、鼓膜が中耳の内壁に張りついてしまう癒着(ゆちゃく)性中耳炎などの種類に分けられます。

慢性単純性中耳炎

慢性単純性中耳炎鼓膜に穴が開いて自然には塞がらなくなった状態を特徴とする慢性中耳炎です。
鼓膜に穴が開いた状態が続くことで音の伝達が悪くなり、難聴が生じ、その穴が広がれば広がるほどに聞こえづらさも増していきます。また、鼓膜に穴があることで細菌やウイルスなどの病原体が中耳内へと侵入しやすい状態が続き、そのせいで感染が引き起こされるたびに耳漏が繰り返されます。

癒着性中耳炎

中耳内の鼓膜が中耳の内壁に張りついてしまう慢性中耳炎です。
鼓膜が内陥、癒着することで、耳小骨連鎖が破壊され、比較的強い難聴が生じます。

慢性中耳炎の原因

慢性単純性中耳炎の原因

慢性中耳炎とは

慢性中耳炎の多くは、しっかりと完治させなかった急性中耳炎が長期にわたって持続したり再発を繰り返したりして、中耳内の炎症が慢性化することで発症します。それに加えて、副鼻腔炎や鼻炎など耳管の働きを低下させる何らかの病気の存在が慢性化を助長しているケースも少なくありません。例えば、急性中耳炎で耳漏が発生した際に開いた鼓膜の穴は、ほとんどの場合、鼓膜の本来持つ高い再生力によって自然に塞がります。しかし、塞がる前に耳漏が繰り返されると、やがて穴の開いた状態が常態化してしまい、慢性単純性中耳炎が発症します。

癒着性中耳炎の原因

内陥した鼓膜と炎症で傷ついた鼓室内粘膜が引っ付くと癒着性中耳炎を発症します。

慢性中耳炎の症状

慢性中耳炎の典型的な症状は鼓膜穿孔と難聴、耳漏です。一方、急性中耳炎のような耳の痛みや発熱はあまり生じません。

難聴

難聴音が聞こえにくい状態を総じて難聴といい、難聴は外耳や中耳における音の伝達異常が原因の伝音性難聴と、内耳やそれ以降における神経の異常が原因の感音性難聴に大きく分けられます。
慢性中耳炎では、鼓膜穿孔による難聴と遷延化した炎症のため耳小骨連鎖の可動性制限が起き伝音性難聴が生じます。ただし、炎症が内耳にまでおよぶと、より重症度が高く治療の難しい感音性難聴へと進展したり、耳鳴りを引き起こすこともあるので注意が必要です。

耳漏

慢性中耳炎では中耳内に発生した炎症によって、分泌された液が細菌やウイルスといった病原体の感染によって膿性になり、耳漏となります。

TEL:0985-31-1133
一番上に戻る
  • 口コミを見る
  • 口コミを書く